本文へ移動

【巨人】ウィーラーが試合開始直前に急きょスタメンから外れる…試合前には丸と中島がコロナ陽性

2021年4月4日 14時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人のウィーラー

巨人のウィーラー

◇4日 巨人―ヤクルト(東京ドーム)
 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が4日、東京ドームでのヤクルト戦で一度は「5番・左翼」としてスタメン発表されながら、試合開始直前に立岡宗一郎外野手(30)に変更となった。
 ウィーラーはこの日、試合前練習には参加していた。スタメン発表時にも名を連ねたが、原、高津両監督によるスタメン交換の確認が行われた後、左翼は立岡に交代したとアナウンスされた。
 ウィーラーは開幕から3日のヤクルト戦まで全8試合に出場し、打率4割5分2厘、1本塁打、5打点。直近では5試合連続安打、3試合連続複数安打をマークし、8試合中6試合で複数安打をマークするなど絶好調。原監督も3日の試合後は「いま、信頼度はナンバーワン」と話していた。そんな中、異例の変更となった。
 巨人はこの日、丸と中島に新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定が出たため、接触頻度の高かった選手も含めて6人の出場選手登録を抹消。苦しいメンバー構成となった中、頼りになるウィーラーもスタメンから外れた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ