本文へ移動

【中日】三好大倫が2軍戦でプロ初本塁打 ソフトバンク重田の直球捉える

2021年4月4日 14時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回2死からプロ初本塁打を右翼へ放つ三好

3回2死からプロ初本塁打を右翼へ放つ三好

◇4日 ウエスタン・リーグ ソフトバンク―中日(タマスタ筑後)
 中日のドラフト6位ルーキー・三好大倫外野手(23)=JFE西日本=が4日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(タマスタ筑後)に「1番・右翼」で先発出場し、3回にプロ初本塁打を放った。
 1回に左飛に倒れ、3回2死で迎えた第2打席だ。カウント2―2から、ソフトバンクの先発右腕・重田の投じた145キロの速球を捉え、打球は右翼ネットに突き刺さった。
 3日の同カードでは、ウエスタン・リーグ公式戦出場7試合目、18打席目で記念すべき公式戦初安打を放っていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ