本文へ移動

<なんしん見聞録> 高森に「太鼓広場」オープン 子どもたちに練習の場

2021年4月4日 05時00分 (4月4日 14時09分更新)
林に囲まれた開放的なステージ=高森町の太鼓広場で

林に囲まれた開放的なステージ=高森町の太鼓広場で

  • 林に囲まれた開放的なステージ=高森町の太鼓広場で
  • 輪になって太鼓を打つ子どもたち=高森町の太鼓広場で
  • 和太鼓をたたきながら子どもらを指導する久高さん=高森町の太鼓広場で
 高森町山吹の山あいに、太鼓などの練習場「太鼓広場」がオープンした。設置したのは、飯田下伊那の各地で太鼓教室を運営する同所の芸能表現師久高徹也さん(43)。コロナ禍で活動が制限される中、子どもが伸び伸び過ごせる場所にしようと、自らステージを組み立てた。久高さんは「地域の芸術活動の拠点にしたい」と意気込んでいる。 (飯塚大輝)
 久高さんからもらった地図を頼りに、山あいを進む。道はどんどん細くなり、ついには舗装もなくなった。道を間違えただろうかと不安に駆られながら恐る恐る進むと、林を抜けた先の空き地に、真新しいステージが現れた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報