本文へ移動

「とにかく憧れの地だった」 優勝の17歳・梶谷翼一問一答【オーガスタ女子アマ】

2021年4月4日 12時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーガスタ女子アマを制した梶谷翼(AP)

オーガスタ女子アマを制した梶谷翼(AP)

◇3日 オーガスタ女子アマ最終日(米ジョージア州オーガスタ・オーガスタ・ナショナルGC)
 世界中からトップアマを集めたオーガスタ女子アマの最終日が3日、ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC(6365ヤード、パー72)であり、梶谷翼(17)=滝川二高3年=が優勝した。米国人選手とのプレーオフ(PO)を1ホール目で制した。梶谷は男子メジャー・マスターズの会場でゴルフの象徴ともいえるオーガスタ・ナショナルで優勝した初めての日本人になった。一問一答は次の通り。
  ◇  ◇  ◇
―優勝の感想を
梶谷「夢というか目標が実現して率直にうれしい。全米女子オープンなど次へのステップが踏める。日本で喜んでくれる人たちがいたらうれしい」
―スタート前のプランは
「技術的なことではなく、せっかくのチャンスなので最後まで楽しめたらと」
―マスターズでの松山英樹選手のプレーを見たことは
「マスターズが(テレビで)流れていたら見るくらい。印象に残っているのはタイガー・ウッズの復活優勝(2019年)。すごいなと思った」
―キャディーは
「現地のチャドさん。一昨年の安田さんやマスターズに出場した金谷拓実さんがキャディーをやってもらっていて、とてもよかったということでお願いした。コミュニケーションは英語です」
―オーガスタ・ナショナルを回ってみて
「とにかく憧れの地だった。コースは傾斜の強いところがあり、気候も朝は寒かったりと変動が大きい。アンダーを出して勝ちたかったが、落としたホールを見直して今後に生かしたい」
 ▼梶谷翼(かじたに・つばさ)2003(平成15)年9月12日、岡山県出身の17歳。160センチ。兵庫・滝川二高3年。7歳からゴルフを始める。19年トヨタジュニアワールドカップ団体優勝、日本女子オープン9位でローアマ。目標とする選手はロリー・マキロイ(英国)と申ジエ(韓国)。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ