本文へ移動

岡崎の病院が再出発 愛知医大の分院「メディカルセンター」

2021年4月4日 05時00分 (4月4日 05時00分更新)
メディカルセンターの記念式典であいさつする祖父江理事長=岡崎市仁木町で

メディカルセンターの記念式典であいさつする祖父江理事長=岡崎市仁木町で

 愛知医科大が、岡崎市仁木町の総合病院「北斗病院」の運営を引き継ぐ形で一日、「愛知医科大メディカルセンター」を開院させた。三日に関係者約六十人が参加する記念式典が開かれ、地域の医療を担う病院の新たなスタートを祝った。
 センターは北斗病院の二百七十病床や診療内容をそのまま維持して開院。今後は愛知医科大の分院として地域医療に加え、専門性の高い医療を提供し、若い医師らを育てる「教育病院」の機能も持たせていく。
 地域の夜間救急患者の受け入れは当面、ほかの病院と輪番で週一、二回、担っていく。祖父江元・愛知医科大理事長は「救急医療は地域医療の要。二年以内に受け入れを三百六十五日、できるようにしたい」との方針を明らかにした。
 式典で、中根康浩市長は「分院は岡崎市民が待ち望んでいた。二つの病院の強みを掛け合わせて、相乗効果につながれば」と期待を込めた。 
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報