本文へ移動

オンラインで町歩き気分 富山のNPO、お年寄りに動画

2021年4月4日 05時00分 (4月4日 11時27分更新)
まち歩き動画を配信する大野博美さん(左)と上野恭子さん=魚津市の魚津漁港周辺で

まち歩き動画を配信する大野博美さん(左)と上野恭子さん=魚津市の魚津漁港周辺で

 富山市の認定NPO法人「まちづくりスポット」は、コロナ禍で引きこもりがちな高齢者が自宅で楽しみながらスマートフォンになじめるように、まち歩きなどのオンライン企画を配信している。スマホ教室も並行して開催している。
 オンライン企画は二月にスタート。富山市の中心部を流れる松川周辺のまち歩きやスノーシューを使ったやま歩き、音楽などを配信している。教室も毎週木曜に富山市内で開いている。
 三月二十四日には魚津市の魚津漁港周辺を、同市の市民ガイド「うおづ水守」の上野恭子さん(71)と富山市のネイチャーガイド大野博美さん(64)が歩いた。
 上野さんが埋没林博物館や同漁港、海の駅蜃気楼(しんきろう)にある巨大な白御影石のモニュメント「風の地平線−蜃気楼」などを紹介。大野さんがスマホで上野さんや歩いた場所の風景を撮影し、配信した。
 同法人のスタッフによると、動画はウェブ会議システムに接続した高齢者だけでなく、介護施設に協力を依頼し、入所者が見られるようにしている。
 オンライン動画配信は五月十二日まで。呉羽山の桜や砺波の民具などを紹介するほか、生け花のオンライン体験なども企画している。 (松本芳孝)

関連キーワード

PR情報