本文へ移動

池江璃花子 狙い通りの58秒台前半で決勝進出「しっかりいいレースできた」【競泳日本選手権】

2021年4月3日 18時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子100メートルバタフライ予選 レース後笑顔の池江璃花子

女子100メートルバタフライ予選 レース後笑顔の池江璃花子

◇3日 競泳・日本選手権第1日(東京アクアティクスセンター)
 女子100メートルバタフライで池江璃花子(20)=ルネサンス=が4日の決勝進出を決めた。予選は58秒68で全体の2位。準決勝は58秒48で全体の3位となった。
 池江は「準決勝は58秒台前半を出したいと思っていた。しっかりいいレースができた」と振り返り、4日の決勝へ向けて「上位に食い込めるようにすること。しっかり経験を積んでおいて、速いタイムが出せたら」と目標を話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ