本文へ移動

観光に伸びしろ、課題は宿泊 若狭町長・町議選、6日告示 

2021年4月3日 05時00分 (4月3日 15時48分更新)
民宿が立ち並ぶ常神半島の神子地域=若狭町で

民宿が立ち並ぶ常神半島の神子地域=若狭町で

  • 民宿が立ち並ぶ常神半島の神子地域=若狭町で
  • 3月末の週末、観光客が訪れた県年縞博物館=若狭町で
 若狭町長、町議選が六日に告示される。町長選では三期務めた現職が引退を表明し、いずれも新人で元町議の二人が立候補を予定している。厳しい財政状況や人口減の中、観光業を産業の柱に掲げる町は、二〇二四年春の北陸新幹線敦賀開業を見据え、観光施設の整備やPR強化、観光客らの受け入れを進める。成果を上げるには行政と事業者との連携が欠かせない。町長・町議選を前に課題を探った。 (栗田啓右)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報