本文へ移動

【ヤクルト】村上の一振りが試合を決めた! 決勝3号2ラン「僕がしっかりしないといけない」

2021年4月3日 11時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回、先制の右越え2ランを放ち一塁へ向かうヤクルト・村上

6回、先制の右越え2ランを放ち一塁へ向かうヤクルト・村上

◇2日 巨人0―2ヤクルト(東京ドーム)
 豪快な一振りで試合を決めたのは若き主砲・村上だ。スコアレスで迎えた6回1死一塁で3号2ラン。巨人の先発・野上のスライダーを右翼ポール際上段へたたき込んだ。
 コロナ感染余波でベストオーダーが組めない状況とあって、「僕がしっかりしないといけないと思っている。きょうの1本を励みにして明日からも打ち続けたい」と大黒柱の責任を果たそうとしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ