本文へ移動

田中邦衛さん死去、「北の国から」「若大将」… ゆかりの人々、追悼の声

2021年4月3日 05時00分 (4月3日 09時48分更新)
「北の国から2002遺言」の記者会見をする田中邦衛さん(中)、吉岡秀隆さん(左)、中嶋朋子さん=2002年、東京都内のホテルで

「北の国から2002遺言」の記者会見をする田中邦衛さん(中)、吉岡秀隆さん(左)、中嶋朋子さん=2002年、東京都内のホテルで

  • 「北の国から2002遺言」の記者会見をする田中邦衛さん(中)、吉岡秀隆さん(左)、中嶋朋子さん=2002年、東京都内のホテルで
  • 1980年、映画「帰ってきた若大将」の製作発表で乾杯する加山雄三さん(中)、田中邦衛さん(右)、坂口良子さん
 テレビドラマ「北の国から」の父親役などで人気を集めた俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが三月二十四日、老衰のため死去した。八十八歳。岐阜県出身。葬儀は家族で行った。
 生家で陶芸に携わり、中学の臨時教員を務めた後、一九五五年に三度目の受験で俳優座養成所に合格。五八年に舞台「幽霊はここにいる」に出演した。
 映画は「純愛物語」で初出演後、六一年からの「若大将」シリーズで主役の加山雄三さんと張り合う青大将役で評判に。「網走番外地」や「仁義なき戦い」シリーズや、黒沢明監督「椿三十郎」など多くの作品に出演。あくの強い風貌やコミカルな演技で憎めない脇役を好演した。口をとがらせてとつとつと話す語り口も親しまれた。
 八一年から、倉本聰さんの脚本で約二十年間続いたフジテレビ系ドラマシリーズ「北の国から」に黒板五郎役で主演。子ども役の吉岡秀隆さんや中嶋朋子さんと共に、北海道・富良野の大自然の中でたくましく生きる家族を演じた。子どもたちに真っすぐな愛情を注ぐ不器用な父親像は、多くの共感を集めた。
 九四年に映画「学校」などで日本アカデミー賞最優秀助演男優賞。出演作はほかに映画「動乱」「居酒屋兆治」「優駿 ORACION」「みんなのいえ」、ドラマ「若者たち」「あにき」「ライスカレー」「新選組!」など。
 九九年紫綬褒章。二〇〇六年に旭日小綬章。
 ◇ 
 田中さんは岐阜県土岐市出身。同県内でたびたび講演を行うなどしていた。

加山雄三さん、山田洋次監督から悼む声

 田中さんの訃報に接し、芸能界のゆかりの人々から二日、「あんな俳優がいたことを誇りに思う」「本当に寂しい」と悼む声が上がった。
 映画「若大将」シリーズで主役を務め、田中さん演じる金持ちのドラ息子“青大将”とライバル関係を演じた加山雄三さんは「邦さんに...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧