本文へ移動

J2磐田 けがの遠藤、あすの岡山戦は欠場濃厚 

2021年4月3日 05時00分 (4月3日 11時10分更新)
 J2ジュビロ磐田の鈴木政一監督は二日、オンライン会見を行い、六節のファジアーノ岡山戦(四日・岡山市のシティライトスタジアム)で、MF遠藤保仁選手(41)=写真=がけがのため、欠場が濃厚であることを明かした。
 鈴木監督は「(遠藤は)五節の(レノファ)山口戦で捻挫をした。ここで無理をさせるより、しっかりと治した方が良い」と語った。司令塔の遠藤選手は開幕から五試合連続先発しており、代役の選択は難しい。前節まで、三試合連続でセンターバックを務めた今野泰幸選手(38)を守備的MFに上げるか、新加入のMF鹿沼直生選手(23)をそのまま守備的MFに入れるかなど、判断が分かれるところだ。
 また、鈴木監督は山口戦で前半20分までに2失点したことを受け「試合への入り方に気を付けること。ボールを奪いに行くファーストディフェンダーが周囲の選手と連動しているかの確認を、練習の中で実施してきた」と話した。 (川住貴)

関連キーワード

おすすめ情報