本文へ移動

【中日】”勝利の方程式”復活は近い!シート打撃初登板のR・マルティネスが12日にも1軍合流へ

2021年4月2日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シート打撃に登板したR・マルティネス

シート打撃に登板したR・マルティネス

 新型コロナウイルス感染拡大のため2月下旬に来日し、自主隔離期間をへて練習を開始した中日のライデル・マルティネス投手(24)が2日、ナゴヤ球場で今季初めてシート打撃に登板した。石垣と5度対戦して被安打1、3奪三振だった。仁村2軍監督は、今月中旬にも1軍合流させるプランを明かした。
 ボールの威力は十分だった。スライダーやツーシームなど持ち球全てを披露。走者を意識してクイックモーションで投球する場面もあった。「ナゴヤドームで投げるためのことをやった。最初にしては非常にいい出来だった」。最速161キロ右腕は手応えを口にした。
 見守った浅尾2軍投手コーチは「ボール自体は十分だと思います。明日(3日)の体の状態をしっかり確認します」とコメント。対戦した石垣は「ストレートは速いし、変化球も切れがすごい。さすがだなと思いました」と振り返った。
 福岡・タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦で指揮を執った仁村2軍監督は試合後にR・マルティネスについて言及。「最短なら(試合のない)12日くらいには(1軍に)合流できるのかなとは思っています。2軍戦は1回か、2回か。あっても2回投げればいいかなと思っています」と話した。
 13日からは巨人との3連戦(東京ドーム)が組まれている。それまでの間は2軍で調整する。現在は祖父江が体を張って守っている9回だが、昨季守護神も順調な調整を見せた。昨季終盤に抜群の安定感を見せた“勝利の方程式”復活の日は近い。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ