本文へ移動

「五輪の村」に23年ぶり聖火 白馬の観衆「感動、興奮」

2021年4月2日 05時00分 (4月2日 16時23分更新)
北アルプスをバックに聖火をつなぐランナーたち=白馬村で

北アルプスをバックに聖火をつなぐランナーたち=白馬村で

  • 北アルプスをバックに聖火をつなぐランナーたち=白馬村で
  • トーチを手に感想を話す松岡さん=白馬村北城のウイング21で
 県内で1日に始まった東京五輪聖火リレー。中信地域では白馬村で実施され、松川河川公園から白馬ジャンプ競技場まで13人のランナーがつないだ。1998年長野冬季五輪で、日本がラージヒル団体で金メダルに輝いたスキージャンプをはじめ、アルペンスキーやクロスカントリーなどが繰り広げられた“五輪の村”を、23年ぶりに聖火がともした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報