本文へ移動

<山田さんのおすすめスポット> スラックラインパーク ガンバデ(名古屋市中川区)

2021年4月2日 05時00分 (4月2日 11時44分更新)
 十一歳の娘と九歳の息子がいる稲沢市大塚北六のバランスボールインストラクター、山田佳江さん(44)のおすすめは、名古屋市中川区供米田二のスポーツ施設「スラックラインパーク ガンバデ」=写真。「遊ぶ道具も多彩で、大人も楽しめる」と魅力を語る。
 スラックラインは、空中に張った幅五センチほどのベルトの上で跳んだりするスポーツ。十年ほど前から日本でも普及し始め、体幹を鍛えられて姿勢が良くなるなどの効果もあるという。
 施設は、スラックラインを気軽に始めてもらい、競技人口を増やそうと二〇一七年にオープン。長さや高さの異なるスラックライン七本のほか、トランポリンやボルダリングもできる。床にはマットが敷いてあるため、けがの心配も少ない。スタッフらによるスラックラインやトランポリンの教室も開催している。
 利用時間などに応じて、小学生以下は七百円(一般千円)から。JR関西線春田駅から徒歩十分。東名阪自動車道名古屋西インターチェンジから約十分。平日は午前十時〜午後十時、土日祝は午前九時〜午後九時。(問)ガンバデ=052(304)8691 (稲沢通信部・牧野良実)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報