本文へ移動

子ども乗せ自転車 転倒事故防ぐには? 段差避け走行 ハンドルに荷物下げない

2021年4月2日 05時00分 (4月2日 05時00分更新)
 新年度が始まった。子どもを自転車に乗せ、幼稚園や保育園に送迎する保護者も多いだろう。二人乗り、三人乗りともに心配なのは、重さでバランスを崩すことによる転倒だ。親子ともにけががないよう、安全に利用するためにはどうしたらいいか。 (長田真由美)
 名古屋市内の自営業女性(34)は「風が強いと自転車が揺れてヒヤリとした」と振り返る。この二年間、自宅から保育園までの片道約二十分間を、電動アシスト自転車の後ろの座席に長男(6つ)、前に次男(2つ)を乗せて送迎した。
 二人の体重は三月で合計約三十キロ。子どもはどうしても顔を横に出したり、足をばたばたさせたりする。細い道では、対向する自転車との接触を避け、相手を先に通すよう心掛けた。園で使う昼寝用の布団を持ち帰る週末は、小さく圧縮してリュックのように背負ってバランスを取った。
 消費者庁と国民生活センターによる「医療機関ネットワーク」に報告のあった事故情報によると、自転車に乗っている間にけがをした幼児は二〇一八年末までの八年間で千二十九人に上る。うち三人は命にかかわる重症、九十九人は入院が必要な中等症だった。事故発生時の状況は「走行中」が48・7%、「...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報