本文へ移動

<くらし調査隊> NTT電話休止10年 解約手続きは必要?

2021年4月2日 05時00分 (4月2日 05時00分更新)
 ちょうど十年前、実家にあったNTTの加入電話を休止しました。当時、同社の回線を利用できる電話加入権は、休止から十年で消滅すると説明を受けたのですが、あらためて解約の手続きをする必要はありますか。=愛知県、女性(70)
 【係から】電話加入権は原則として、電話設置を望む人が回線を使うために必要な権利です。施設設置負担金とも呼ばれ、かつては回線を敷設するための電柱や電線を整備する費用に充てられていました。
 NTT西日本名古屋支店によると、利用者が申し出れば最長十年間にわたり、権利は持ったまま電話サービスを休止することができます。五年後に再利用を申し出なければ、休止は自動的に五年間延長。そのまま十年間が経過すれば、契約は自然に解除される仕組みです。NTTから解約の案内などは届かず、利用者が手続きする必要もありません。
 こうした説明は、契約時の約款に記されています。加えて昨年十二月からは、サービス休止時に利用者に送る案内はがきに、五年後の契約更新の日付を記載しているそうです。

関連キーワード

PR情報