本文へ移動

<合併10年 西尾市の今> (下)周辺部の人口流出

2021年4月1日 05時00分 (4月1日 13時35分更新)
人口減少が続く幡豆地区=西尾市寺部町で

人口減少が続く幡豆地区=西尾市寺部町で

  • 人口減少が続く幡豆地区=西尾市寺部町で
 幡豆町役場は、合併で西尾市役所幡豆支所に衣替えした。支所職員は八人となったが、西尾市鳥羽町の山崎一郎さん(77)は「支所で住民票も取れるし、不便は感じない。市民サービスが低下したとも思わないね」とつぶやく。
 一・〇以上なら財源に余裕があるという財政力指数で幡豆町は〇・六六(二〇一〇年度)だった。厳しい懐事情に悩む町にとって、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧