本文へ移動

【巨人】2番で出場のウィーラー 初回に先制2ラン「つなぐ意識で、いい打席になった」好調を維持

2021年3月31日 21時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表無死一塁、ウィーラーが先制2ランを放つ

1回表無死一塁、ウィーラーが先制2ランを放つ

◇31日 中日5―3巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 連日の「2番・左翼」で起用された巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が初回無死一塁の好機に中日の先発・勝野の直球を左翼席へ。今季第1号が先制の2点本塁打となり「梶谷がいい形で出塁してくれたので自分はつなぐ意識で打席に入った。いい感触で捉えて、いい打席になって良かったよ」。
 勝利にはつながらなかったが、この2試合で4安打3打点と打撃好調なウィーラー。原監督の期待に応えている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ