本文へ移動

【ゴルフ】元アマ世界1位の金谷拓実が東京五輪出場を熱望 世界ランク上昇へ「全米OPを目指す」

2021年3月31日 19時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで記者会見した金谷(太平洋クラブ提供)

オンラインで記者会見した金谷(太平洋クラブ提供)

 男子ゴルフの元世界アマランク1位で国内ツアー2勝の金谷拓実(22)が31日、東京五輪の代表権獲得を改めて熱望した。同日、ゴルフ場開発を手掛ける太平洋クラブとスポンサー契約を結んだことを発表。オンラインで記者会見し、代表者決定の最後の関門となる6月17日開幕の全米オープンに向け、5月24日の日本予選挑戦も辞さない構えを見せた。
 男子ゴルフの五輪出場権は6月21日時点の世界ランキングで決まり、各国の上位2人(15位以内は上位4人)が出場する。最新ランクでは25位の松山英樹(レクサス)が日本勢最上位で、2番手は81位の今平周吾。金谷は3番手の116位につけている。ランクアップにはメジャー戦での好成績が近道だが、金谷は次週のマスターズ、5月の全米プロ、6月の全米オープンに参加資格がない。
 3月に東北福祉大を卒業した後は関東に拠点を移し、現在は4月14日に開幕する国内ツアーの今年の初戦、東建ホームメイト杯(三重・東建多度CC名古屋)に向け調整中。その後も「五輪まで出られる試合は一生懸命プレーしてランキングを上げていきたい」という。メジャー戦はそれぞれ参加資格が異なるが「全米オープンは(それまでに参加資格を得られなければ)日本予選から出場を目指したい」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ