本文へ移動

【楽天】則本昂大「7回は投げ切らないとダメ」1失点で降板…後続・渡辺佑が逆転許さず

2021年3月31日 16時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ戦に先発した楽天・則本昂

ロッテ戦に先発した楽天・則本昂

◇31日 ロッテ―楽天(ZOZOマリンスタジアム)
 楽天は先発・則本昂大(30)が2―0の7回に1点を失って降板。この回は1死一、二塁で菅野に左越え適時二塁打を打たれた。後を継いだ渡辺佑が2者を凡退させ、逆転を許さなかった。
 則本昂は6イニング1/3を投げて被安打4、3奪三振。降板後は球団を通じて「ストレートは走っていましたし、差し込めていたと思います。ランナーを出しても落ち着いて投げることができました。でも、7回は投げ切らないとダメですね。なんとか試合は作れたと思います」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ