本文へ移動

【センバツ】大分県勢54年ぶり決勝進出…明豊初V王手 前回は1967年Vの津久見

2021年3月31日 15時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
明豊―中京大中京 4回表明豊2死一、三塁、簑原が左越えに2点二塁打を放つ

明豊―中京大中京 4回表明豊2死一、三塁、簑原が左越えに2点二塁打を放つ

◇31日 センバツ高校野球準決勝 明豊5―4中京大中京(甲子園)
 明豊が春夏を通じて初の決勝進出を決めた。これまでは2019年春の4強が最高だった。センバツで大分県勢が決勝に進むのは1967年に優勝した津久見以来、54年ぶり2度目。春夏を通じても72年夏に優勝した津久見以来、49年ぶり3度目(2校目)となった。
 センバツで九州勢が決勝に進むのは2011年に準優勝した九州国際大付(福岡)以来、10年ぶり13度目(10校目)。大分県勢はセンバツ通算25勝目。明豊は春が8勝目、夏が7勝で春夏通算17勝は歴代80位タイ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ