本文へ移動

【センバツ】明豊の左翼・阿南心雄が再び“神キャッチ”!ベルト壊れながらもピンチ脱出

2021年3月31日 13時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
明豊―中京大中京 1回裏中京大中京2死二、三塁、辻の左飛を転倒しながら好捕する阿南

明豊―中京大中京 1回裏中京大中京2死二、三塁、辻の左飛を転倒しながら好捕する阿南

◇31日 センバツ高校野球準決勝 明豊ー中京大中京(甲子園)
 明豊の左翼・阿南心雄(しゆう)が再びの‘’神キャッチ‘’だ。1回裏2死二、三塁。中京大中京・辻の打球を賢明に背走し、最後は必死に手を伸ばして好捕。この際にベルトが破壊され、照れくさそうにユニホームのズボンが落ちないように抑えながらベンチに戻った。
 阿南は準々決勝でもスーパープレーを披露。2点リードの6回2死一、三塁の場面だった。智弁学園の4番・山下の打球を背走しながらボールをつかみ、フェンスに激突。しばらく起き上がれなかったが、ボールを収めたグラブを掲げる‘’神キャッチ‘’を見せた。もともとは遊撃だったが「守備がだめで外野に回った」という阿南。明豊にとってラッキーボーイなのは間違いない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ