本文へ移動

琵琶湖の魚、さばいて味わう 大津で学生と若手漁師が交流

2021年3月31日 05時00分 (3月31日 15時16分更新)
西居さん(右)からビワマスのさばき方を教わる学生=大津市瀬田2の交流施設「tugumi」で

西居さん(右)からビワマスのさばき方を教わる学生=大津市瀬田2の交流施設「tugumi」で

 琵琶湖の若手漁師らと学生らとの交流会「びわ湖をひとかじり」が、人材育成会社が運営する大津市瀬田二の交流施設「tugumi(ツグミ)」で開かれた。県内外の大学生や高校生ら十五人が、若手漁師らから魚のさばき方を教わり、琵琶湖の幸を味わった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報