本文へ移動

依那古の古墳見つけた! 伊賀「語り部の会」メンバー、市と協力し調査へ

2021年3月31日 05時00分 (3月31日 11時58分更新)
発見された古墳について説明する福森さん。手前の更地には行者堂が立っていた=伊賀市森寺で

発見された古墳について説明する福森さん。手前の更地には行者堂が立っていた=伊賀市森寺で

  • 発見された古墳について説明する福森さん。手前の更地には行者堂が立っていた=伊賀市森寺で
  • 石室の一部とみられる空間=伊賀市森寺で
 伊賀市森寺の山中で、六世紀後半のものとみられる古墳の一部が見つかった。発見したのは、依那古地区の魅力や歴史を伝える「依那古語り部の会」のメンバー。発見者の一人の福森昌生さん(79)は「先代が築いてくれた貴重な資産。きちんと保存し、語り部の会として活用していきたい」と意気込む。 (新居真由香)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧