本文へ移動

【中日大野雄・独占手記】開幕回避の真相「実は…肩の回りが良くなかった」「沖縄で全然上がってこなくて…」

2021年3月31日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表無死、大野雄が吉川を一ゴロに打ち取り、ベースカバーに走る

7回表無死、大野雄が吉川を一ゴロに打ち取り、ベースカバーに走る

◇30日 中日3―3巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 次こそ勝つ。中日・大野雄大投手(32)が30日、本拠地開幕となったバンテリンドームナゴヤでの巨人戦で7イニング2失点と粘投した。4回に中島に同点ソロを浴びたものの、その後は無失点。降板後の8回に1点ずつ取り合った試合は3―3で引き分けた。開幕投手を体調面から外れるなど、大野雄だけが知る苦闘、エースの自覚を独占手記で明かした。
  ◇   ◇
 シーズン1発目、ジャイアンツ相手。「自分で白黒つけるんや」くらいの相当な気持ちで、マウンドに上がりました。緊張の中で7イニングを投げられたのは収穫ですが、3回のビシエドの逆転2点タイムリーで勝たないと。ホーム開幕を任された投手として、直後の4回に初球ホームランを打たれたのは反省点ですね。
 2週間後、また東京ドームで投げることになると思う。次は「1点もやらんぞ」、そんな覚悟でチームの軸の自覚を持って、自分の仕事を終えるまで投げたいですね。
 まず26日の開幕戦の話からしなくちゃいけません。2年間、軸として投げさせてもらった身として、投げられず申し訳ないというのは今でも思っています。冷静に客観的に考えれば、僕が投げるのが普通ですから。
 実は肩の回りが良くなかった。1月12日に沖縄に入って、少しずつ上げていくイメージでしたけど、全然上がってこなくて。いつも暖かい所に行けばビュンビュン放れるんですけど…。
 1月30日に与田監督に自分の状況を説明しました。「(2月)1日、ブルペンに入ることはできません」と。この状態で何とか3月26日に持っていくのは厳しそうと思ってましたが、監督からはそういう事態を予測していたように「とにかく無理するな。1年間やれるようにやってくれ」と言ってもらいました。
 もしかしたら2~3週間、遅れるかなとその時は思っていたけど、監督の言葉で切り替えられた。求められているのは、秋まで投げること。すぐに切り替えられたのが、3月中のゲームでそこそこ投げられたことにつながったと思う。3月7日の楽天戦(3イニング無失点)で投げて、バンテリンドームは投げやすいなあと。「あと3週間でいけそうやな」と感じました。
 本拠地開幕戦での先発が決まってから、ドームで練習しながら「僕がもしFAでジャイアンツに移籍していたとしても、30日に投げてたんやろな」と想像することもありました。開幕が菅野で、僕が2カード目の頭かなと。「中日のピッチャーは誰やったんかな」と投げ合う相手を思い浮かべたりもしました。
 実際は3年契約してもらって残留したわけですけど、僕の気持ちはFAしてどこか新しいチームに入った選手と同じ気持ち。ゆっくりやらせてもらう、じゃなくて。FA移籍したプレッシャーは実際は分からないですけど、バリバリ仕事をする3年間と思ってます。現状では「止まらへん」というか、もっといろんな所を目指さないといけない。
 もちろん、体の危険信号は見落とさないようにします。勤続的な疲労で夏場くらいに「今年はしんどい」と感じるかもしれないですけど、それをはねのけたいという思いもすごくある。福谷にも柳にも慎之介(小笠原)にも「1年間働くのが、俺らの仕事」と言ってきましたから。
 昨シーズンは3位。今年は、球団スローガンが「その先へ」となっているように、Aクラスに入って喜んではいられないです。福留さんも入って根尾も成長して、どんどん強くなっていくチームだと思っています。長いシーズンですけど、ジャイアンツより上の順位に。次は優勝手記をやりたいですね。(中日ドラゴンズ投手)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ