本文へ移動

全米女子の『無観客』は残念 メジャー大会は工夫してファンに入場してほしいと願うのだが…【武川玲子コラム】

2021年3月31日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
Match Play Golf

Match Play Golf

 女子メジャーの全米女子オープンは6月3日、カリフォルニア州サンフランシスコの名門、オリンピッククラブで開幕する。しかし、同大会は昨年12月に続き「無観客」で開催すると地元、サンフランシスコクロニカル紙が伝えた。この決定は今のコロナ禍の対応にやや逆行しているようで残念だ。もしそうなら、その2週後に同じカリフォルニア州のサンディエゴで行われる男子の全米オープン(6月17~20日)も無観客になるだろうと推測される。
 男子米ツアーは2月末のフロリダシリーズから人数を制限して観客を入れている。4月のメジャー、マスターズも制限付きでパトロンを受け入れる予定だ。その人数は通常の25%、一日およそ1万人が入場するとみられる。
 この違いはカリフォルニア州の規制が厳しいことに起因する。今週、同州で開幕する女子メジャーのANAインスピレーションも無観客だ。しかし感染者数の現状は、増加というよりむしろ減少傾向にある。
 カリフォルニア州の感染数は昨年末の一日3万人超えをピークに大きく下降する。現在は一日2000人余りまで下がった。年明けから始まったワクチン接種効果とみられている。サンフランシスコでは既に43%の市民が一度目の接種を済ませたと報じられる。ロサンゼルス郡でも医療関係者、65歳以上の高齢者が優先とされていたが、3月にはレストランなどの接客従事者も対象となった。4月1日は50歳以上、同15日には16歳以上とほぼ全員が接種可能になる。このスピードで接種が進めば、6月には75%が何らかの接種を終えることになる。
 ワクチンで100%安全というわけではない。変異種などの心配も尽きないけれど、できればメジャー大会は工夫して、ファンの一部でもいいので入場してほしいと願うのだが。(全米ゴルフ記者協会会員)=毎週水曜日掲載
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ