本文へ移動

中京大中京・畔柳は先発“する気満々”「121球でできることを」監督は「朝の状態を見て」【センバツ】

2021年3月31日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海大菅生戦に先発した中京大中京・畔柳

東海大菅生戦に先発した中京大中京・畔柳

 第93回センバツ高校野球大会の準決勝2試合が、31日に甲子園球場で行われる。大会休養日の30日は、4校が兵庫県西宮市内で調整した。準優勝した1997年以来の準決勝で明豊(大分)と対戦する中京大中京(愛知)は、フリー打撃などで約2時間練習した。初戦から3試合連続で先発して、球数制限や疲労が気掛かりな最速151キロ右腕、畔柳亨丞投手(3年)は練習に参加しなかったものの、オンライン取材には対応。球数を気にせず、これまで通りに全力で抑えにいくことを誓った。
  ◇  ◇
 「1週間で500球」という球数制限により、121球しか投げられない準決勝。畔柳は先発なのか。それとも、リリーフなのか。高橋源一郎監督(41)は「今夜睡眠を取って、朝の状態を見て、登板できるのか、先発なのかを決めたい」と話すにとどめたが、当の151キロ右腕は先発する気満々だ。
 「その中(121球)でできることをやって、後にはいい投手がいる。他の投手に託したい」
 背番号1の念頭にあるのは、あくまで先発だ。バッテリーを組む加藤も「球数はそこまで気にせず一人一人抑えていく。結果超えても、後ろに4人いる」と同調した。当然、投球数を意識しないわけではなく、「もちろん球数を減らしていかないといけない部分は出てくる」と語る。それでも「一戦必勝でやりたい」と目の前の打者を全力で抑えにいくスタイルを変えるつもりはない。
 敵は球数だけではない。計3試合で379球を投げた疲労も蓄積している。この日の畔柳は宿舎でマッサージを受けるなどし、練習には参加しなかった。「コンディショニングが一番重要。投球による疲労は蓄積していると思う。何ができるかを考えると一緒に帯同することではない」と高橋監督。畔柳は、通っている治療院で借りた電気治療器具を大阪に持参。宿舎で就寝前に15分ほどあてて、個人的にも疲労回復の努力を重ねている。
 「(明豊は)打力がすごい。苦戦することになっても、組織力で勝ちたい」と畔柳。全員で球数制限、エースの疲労をカバーし、高橋監督が主将で準優勝した97年以来の決勝切符をつかんでみせる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ