本文へ移動

『モーニング娘。’21』譜久村聖&生田衣梨奈 9期生10周年の現在地と3年4カ月ぶりアルバムへの思い

2021年3月31日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
モーニング娘。’21のアルバム「16th~That’s J―POP~」のCDジャケット

モーニング娘。’21のアルバム「16th~That’s J―POP~」のCDジャケット

 ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ「モーニング娘。’21」が31日に3年4カ月ぶりとなる通算16枚目のオリジナルアルバム「16th~That ’s J―POP~」をリリースする。今年1月で加入10周年を迎えた9期生の譜久村聖(24)と生田衣梨奈(23)に、アルバムの聞きどころ、リーダー&サブリーダーとしてグループの屋台骨を支えてきた軌跡とグループの今後について聞いた。
   ◇   ◇
 19年6月に加入した15期生の北川莉央(17)、山崎愛生(15)、岡村ほまれ(15)にとっての初アルバムは、3人が初参加したシングル曲「LOVEペディア」「人間関係No way way」や最新曲「純情エビデンス」など全15曲を収録。総合プロデューサーつんく♂(52)が「これぞJ―POPの集大成」と自信を持ってタイトルを付けた。
譜久村「今回8曲も新しい曲が入っているので、私たち自身もレコーディングがすごく楽しくて、その中でもすごくアップテンポの曲、今っぽい曲もあれば、バラード曲もあって今の時代に寄り添ってくれる楽曲が目立っています」
生田「今回は明るめのナンバーが多いイメージだなと私の中では思っていて、つんく♂さんの『世界の皆さん、笑顔になってくださいね』という気持ちがこもったアルバムになっているんじゃないかと思います」
 2人が目を細めるのは、15期生の成長ぶりだ。
生田「私たち9期メンバーは教えてもらうのが当たり前の環境だったけど、今の後輩たちは映像を見て覚えてくるのが当たり前の時代になっていて、その分、吸収力や暗記力が早いなって。先輩たちがついていくのが必死です」
譜久村「特に変わったのは北川莉央ちゃん。声もですけど、大人にもなったし、きれいにもなった。もともと上手っていうのもあるんですが、歌い方を吸収するのがすごく早い。『(グループの)未来が見えたな』と思いました」
 先輩たちも負けていられない。収録曲「愛してナンが悪い!?」で譜久村と生田がそれぞれソロのラップに挑戦した。
生田「英語は野中(美希)に勝てないと思っちゃう部分があるのですが、9期が1番と2番をそれぞれ担当させてもらっていて、『英語始めちゃおうかな』って思うぐらい自信がつきました。勝てる部分? いっぱいありますよ。申し訳ないですけど、全員含めて顔はダントツだなと」
譜久村「……。インスタで『#えりぽんかわいい』とか『#顔面国宝』って書いてるよね? あれは皆さん、縦スクロール(スルー)をおすすめします(笑)」
 生田恒例の自己愛が爆発したところで、リーダーはあらためて今作の仕上がりに太鼓判を押した。
譜久村「どんな時代が来ても、つんく♂さんは明るい未来に向けてくれるんだなって。本当に『前向き』だけじゃ表せない。支えてもくれるし、頑張ろうとも思わせてくれるし、一人で延々とこのアルバムを聴いていたい。ライブを引っ提げるのが一番の夢ですけど、それができないから皆さんにもずっと聴いていてほしいです」
 譜久村と生田は今年でグループ加入10周年。15年に卒業し、しばらく休養後に芸能界に復帰した鞘師里保と、16年に卒業して芸能界を引退した鈴木香音さんと4人で2011年1月2日、9期メンバーとしてキャリアをスタートさせた。
譜久村「立場的にモーニングもまとめなきゃだし、ハロー!プロジェクトも(全体のリーダーとして)見る立場になって、重みはすごく感じるんですけど、それをいい感じで和らげてくれるのがえりぽん。直接的に何か助けてくれるわけではなく、気持ちを楽にしてくれる存在。お互いモーニング娘。が好きだなって分かる瞬間が私はうれしいですね」
生田「聖がいることによって私も10年続けてこられたとすごく感じる。最初のころ、リハーサルがつらすぎて、そのころのままだったら、絶対2、3年で辞めていたと思うんですよ。今はつらいという気持ちが一切なくて、楽しいという気持ちだけでやっている。私がわがままでも言いやすい空間を作ってくれるリーダーに感謝しています」
 コロナ禍で日常が激変した今だからこそ、一緒にグループの未来を守りながら、ファンの前でメンバーそろってパフォーマンスができる日を待ちわびている。
譜久村「私たちの一番はライブだけど、家にいる時間が増えたので、SNSとかを通じて私生活の面も知ってもらえているのかなと。そういう私たちの、ひとりの女の子としての姿ももっと見てほしいですし、相変わらず『体力おばけ』っていうところは変わらないくらい、みんなしっかりトレーニングをして頑張ってるので、今は歌を伝える人にみんなでなれたらと思います」
◆譜久村聖(ふくむら・みずき)1996(平成8)年10月30日生まれ、東京都出身。愛称は「ふくちゃん」。ハロプロエッグ(現研修生)をへて2011年1月に9期生としてモーニング娘。に加入。13年5月にサブリーダーとなり、14年6月にグループ史上最年少でリーダーに就任。19年6月にはハロー!プロジェクト全体のリーダーとなった。
◆生田衣梨奈(いくた・えりな)1997(平成9)年7月7日生まれ、福岡県出身。愛称は「えりぽん」。2011年1月に9期生としてモーニング娘。に加入。14年11月にサブリーダーに就任した。アクロバティックなパフォーマンスを得意とし、特技のゴルフでは19年にベストスコア85を記録した。インスタグラムのフォロワーは現在約12万人。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ