本文へ移動

鈴鹿サーキット名物のシケイン名称変更 日立オートモティブシステムズシケイン→日立Astemoシケイン

2021年3月30日 16時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シケイン周辺に設置された「日立Astemo」の広告看板(モビリティランド提供)

シケイン周辺に設置された「日立Astemo」の広告看板(モビリティランド提供)

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは30日、国際レーシングコースの名物セクションにもなっているシケインの名称を「日立オートモティブシステムズシケイン」から「日立Astemoシケイン」に変更すると発表した。
 ネーミングライツパートナーの社名変更に伴い、名称も切り替わった。かつては「カシオトライアングル」と呼ばれ、1989年のF1日本GPではマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとアラン・プロストがチームメート同士で接触したことでも話題になった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ