本文へ移動

久保建 抜群CK「1本目なんとか狙った。2本目はぽっかり空いたスペースに誰か飛び込んでくれればと」【U―24日本代表】

2021年3月29日 22時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルゼンチン戦の後半、チーム3点目のゴールを決めた板倉滉(右)を祝福する久保建英(代表撮影)

アルゼンチン戦の後半、チーム3点目のゴールを決めた板倉滉(右)を祝福する久保建英(代表撮影)

◇29日 U―24国際親善試合 日本3―0アルゼンチン(ミクニワールドスタジアム北九州)
 日本がアルゼンチンを圧倒、3得点で勝利を収めた。試合後、先制点を挙げたFW林大地(23)=鳥栖=は「(C大阪のDF瀬古)歩夢からすごくいいボールが来た。その前も味方がつないでくれていた。Wとして最後に決めきるのが責任」と3得点のきっかけとなった一撃を振り返った。
 DF登録ながら、CKから2得点した板倉滉(24)=フローニンゲン=は「(DFの自分が)『2点取れることなんてある?』と思った」と笑顔。「前の試合で負けていて『東京五輪で金メダル取ろう』と言っている中でこのままじゃ終われないという話はしていた」とリベンジ成功で達成感をにじませた。
 その板倉をアシストしたMF久保建英(19)=ヘタフェ=は「『リベンジする』と言って、口だけじゃなく結果で借りを返せた」と安堵(あんど)の表情。精度抜群のCK2本については「1本目はなんとか狙った。2本目はぽっかり空いたスペースに誰かが飛び込んでくれればと思った」と振り返った。
 4カ月後に迫った五輪本番に向けては「(今日の勝利で)いい波に乗って自信を持てれば。かと言って慢心せずに自分たちにできる準備をしていければいい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ