本文へ移動

【巨人】31日先発見込みの井納はとにかく早く投げたい 「上位に回さないように」中日打線を警戒

2021年3月30日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・井納

巨人・井納

 中日3連戦(バンテリン)の2戦目、31日の先発が予想される巨人・井納翔一投手(34)が29日、今季初登板を前に待ち遠しい思いを口にした。
 「早く投げたい。ひとまず早く投げたい。結果関係なく、何かもう、自然とですね」。気分は相当高まっているといい、登板直前は「さらに高ぶると思う」とも語った。「宇宙人」と言われ、天然キャラのイメージが強い井納が、熱い胸の内を次々と口にした。
 こんな心境は初めてという。「今まで全く思わなかったです。環境が変わってだと思うし、新たに自分のスタートというのもある」。DeNAからFA移籍し、新天地で気分が高ぶっている。
 15日の練習中には頭部裂傷で数針を縫うアクシデントがあり、予定していた17日の中日とのオープン戦(バンテリン)の登板を回避した。公式戦への影響も心配されたが、24日のイースタン・リーグの西武戦(カーミニーク)で復帰登板し5イニングを投げ、何とか間に合った。
 中日については「大島さんとか上位が出てももちろんですが、下位が出たらより厄介になるので、走者を出して上位に回さないように」と注意する点を話した。出発前の宿舎では、ルーティンである、あまに油をたしなむ予定という。気持ちは高ぶる一方、いつも通りのこともしながら、巨人での初登板に臨む。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ