本文へ移動

お守り 桜バージョンいかが? 開花に合わせ白山比咩神社

2021年3月30日 05時00分 (3月30日 10時09分更新)
桜の開花に合わせ頒布する「さくら守」を手にする舞女=白山市三宮町で

桜の開花に合わせ頒布する「さくら守」を手にする舞女=白山市三宮町で

 白山比咩(しらやまひめ)神社(白山市三宮町)は、新年度の平穏を祈願するお守り「さくら守(まもり)」の頒布をしている。
 さくら守は、二〇一七年の白山開山千三百年を記念して初めて作った。約二センチの桜の花びら部分は白山(二、七〇二メートル)の旧奥宮祈禱(おくのみやきとう)殿の木材を使い、勾玉(まがたま)や宝石をイメージしたピンクのチャームでかわいらしく仕上げている。
 例年は四月一日から頒布するが、三月二十三日に金沢市で桜が開花したのに合わせて、二十七日から頒布を始めた。一つ千円。
 神職の田中天善(たかよし)さんは「新生活の平穏や疫病退散など、心穏やかに春を迎えてもらえたら」と話す。(都沙羅)

関連キーワード

PR情報