本文へ移動

【大相撲】5場所連続休場の白鵬に横審は「注意」継続 7月場所へ「もう1回チャンスを与えようと」

2021年3月29日 19時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白鵬

白鵬

 大相撲春場所後の横綱審議委員会(横審)が29日、東京都内のホテルで行われ、5場所連続で休場となった横綱白鵬(36)=宮城野=に対して、昨年11月場所後に決議した「注意」の継続を全会一致で決め、7月の名古屋場所の結果を見て最終判断するとした。
 矢野弘典委員長は「もう1回チャンスを与えようということで意見が一致した。厳しい意見も出ましたが、注意継続のまま。7月場所の奮起を期待し、その結果を見て最終判断することにいたしました」と話した。
 理由として「1月場所の休場はコロナ感染のためやむをえない」「3月場所は2日間だけでも出場した意欲は評価」「7月場所で進退を懸ける決意を明言している」の3つを挙げた。
 八角理事長(元横綱北勝海)を通じて白鵬の意思を確認。「しっかりした覚悟を持って7月場所に臨むことが確認できました」とした。
 今回は白鵬の決意を尊重する形となったが、7月場所の結果次第では「引退勧告」を出す可能性も示唆した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ