本文へ移動

【センバツ】プロ注目スラッガー智弁学園・前川4打数無安打「まだまだ準備不足でした」と涙

2021年3月29日 18時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏 智弁学園・前川が二ゴロ併殺に倒れる

8回裏 智弁学園・前川が二ゴロ併殺に倒れる

◇29日 センバツ高校野球準々決勝 明豊6―4智弁学園(甲子園)
 智弁学園のプロ注目スラッガー・前川右京外野手(3年)は「3番・左翼」でスタメン出場するも4打数無安打に終わった。
 3点を追う8回無死一、二塁。一発出れば同点の場面で出たのは犠打ではなく「打て」のサインだった。「全員がつないでくれたチャンス。絶対につなぐ」。1ボールから外角低めの変化球を打ちにいくも6―4―3の併殺打に倒れ「まだまだ準備不足でした」と涙ながらに話した。
 今大会は厳しいマークに遭う中で2回戦では2安打を放ち、3試合で四死球は5。ただ長打はなく、本領発揮とはいかなかった。「自分が打てない中でチームのみんなが必死につないでくれた。自分が迷惑を掛けたので、夏はチームを勝たせられるようにやっていきたいです」と夏でのリベンジを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ