本文へ移動

【センバツ】中京大中京・畔柳亨丞、5回まで無安打投球 3戦連続先発もわずか65球

2021年3月29日 18時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海大菅生戦に先発した中京大中京・畔柳

東海大菅生戦に先発した中京大中京・畔柳

◇29日 センバツ高校野球準々決勝 東海大菅生―中京大中京(甲子園)
 中京大中京(愛知)のプロ注目のエース右腕、畔柳亨丞投手(3年)が3試合連続で先発し、5回まで無安打投球を続けている。
 2回1死から四球を与えたものの、走者は二盗に失敗。5回まで3人ずつで抑えている。ストレートは1回に2番・栄の打席で最速148キロを計測した。
 春夏の甲子園大会で初めて適用された「1週間で500球」の球数制限により、準々決勝、準決勝の2試合で計259球が限度となるが、この日の畔柳は5イニングで65球と少ない球数で抑えている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ