本文へ移動

【センバツ】智弁学園は明豊に惜敗 天理とともに奈良県勢初の同時4強は実現せず…

2021年3月29日 16時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した智弁学園・西村

先発した智弁学園・西村

◇29日 センバツ高校野球準々決勝 明豊6―4智弁学園(甲子園)
 智弁学園は追い上げも及ばず、準々決勝で敗退した。2回戦では登板がなかったエース左腕・西村が先発。1回に先頭の幸に先頭打者本塁打で先制されると、3回には2本の適時打を浴びて追加点を許した。5回には4番・黒木の2点適時打で4点差に離された。
 5回に5番・三垣の中前適時打で1点を返すと、6回には1死満塁から押し出し四球と遊ゴロの間に2点差に詰め寄った。1点を返された直後の8回に再び2点差とするも、追いつけなかった。この日の第1試合で4強入りを決めた天理とともに、奈良県勢初の2校同時4強入りとはならかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ