本文へ移動

【センバツ】中京大中京のプロ注目右腕・畔柳亨丞が3戦連続先発も球数制限をにらみながらの投球か

2021年3月29日 15時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 常総学院戦に先発し、力投した中京大中京・畔柳

 常総学院戦に先発し、力投した中京大中京・畔柳

◇29日 センバツ高校野球準々決勝 東海大菅生―中京大中京(甲子園)
 スターティングメンバーが発表され、中京大中京(愛知)の今秋ドラフト候補右腕、畔柳亨丞投手(3年)は3戦連続で先発登板する。
 畔柳は25日の1回戦・専大松戸(千葉)戦で131球完投。27日の2回戦・常総学院(茨城)戦は7イニング、110球で降板した。春夏の甲子園大会で初めて適用された「1週間で500球」の球数制限により、今後は勝ち上がれば準々決勝と準決勝の2試合で計259球、決勝までの3試合では計390球が限度となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ