本文へ移動

【独自】愛知知事リコール団体、6000万円支出 活動終了後、高須克弥氏から1200万円借用

2021年3月29日 16時00分 (3月29日 16時00分更新)
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、活動団体が、計六千万円近くを活動に支出していたことが関係者への取材で分かった。活動終了後の昨年十二月中旬には会長を務める美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長から計千二百万円を借入金として受け取り、収入不足を補った。
 活動団体は「政治団体」として設立しており、近く愛知県選管に政治資金収支報告書を提出する。
 関係者によると、支出のうち、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

社会の新着

記事一覧