本文へ移動

走れる喜び胸に、それぞれの目標へ疾走 穂の国・豊橋クオーターマラソン

2021年3月29日 05時00分 (3月29日 12時01分更新)
距離を取りながらスタートするクオーターマラソンの参加者たち=豊橋市内で

距離を取りながらスタートするクオーターマラソンの参加者たち=豊橋市内で

  • 距離を取りながらスタートするクオーターマラソンの参加者たち=豊橋市内で
  • 最高齢の85歳で完走した伊藤さん=豊橋市内で
  • スタート前に検温するランナー(左)=豊橋市内で
  • クオーターマラソンの部でスターターを務めた浅井市長(中)=豊橋市内で
  • 2キロジョギングの部でスターターを務めた神野社長(中)=豊橋市内で
  • 満開の桜の下を駆け抜けるランナーたち=豊橋市今橋町の豊橋公園で
  • 2キロジョギングの部で手をつないで走る家族=豊橋市今橋町の豊橋公園で
  • 豊橋名物のちくわなどに仮装して走るランナーたち=豊橋市今橋町の豊橋公園で
  • 意気込みを書いたゼッケンを背中に着け、ゴールを目指す2キロジョギングの参加者たち=豊橋市今橋町の豊橋公園で
  • ドローンの準備をするメンバーたち=豊橋市内で
 豊橋市陸上競技場を発着点に二十八日に開かれた「穂の国・豊橋クオーターマラソン」(中日新聞社など主催)。新型コロナウイルス感染対策が取られている中、出場した三河地方を中心とした老若男女の市民ランナーが、それぞれの目標に向けて疾走した。 (川合道子、酒井博章、斎藤徹)

最高齢85歳、ガッツ見せた伊藤さん完走

 序盤から軽快な走りを維持し続け、ゴールテープを切ると、自然とガッツポーズが飛び出した。最高齢での出場となった...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧