本文へ移動

<追う> 水稲肥料、微小プラごみに 伊勢湾へも多数流出

2021年3月29日 05時00分 (3月29日 11時36分更新)
マイクロプラスチックの調査をする四日市大の学生=2月7日、四日市市の吉崎海岸で

マイクロプラスチックの調査をする四日市大の学生=2月7日、四日市市の吉崎海岸で

  • マイクロプラスチックの調査をする四日市大の学生=2月7日、四日市市の吉崎海岸で
  • 2月7日に吉崎海岸で行った調査で採取された徐放性肥料カプセル=四日市市で(千葉教授提供)
 波や紫外線で直径五ミリ以下に砕かれ、浜辺や海に漂うマイクロプラスチックには、水田などで使われた「徐放性肥料カプセル」も含まれている。農業関係者は、二十年以上前から農家と連携して流出防止に取り組んでいるというが、海洋プラスチックを研究している四日市大の千葉賢教授(沿岸海洋環境学)は「現状で、伊勢湾にも多数流出している」と指摘する。 (足達優人)
 二月七日。四日市市楠町小倉の吉崎海岸で、千葉教授の研究室の学生たちが、マイクロプラごみの実態調査をした。浜辺のごみが集積している十一地点で砂を採取。その中には、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報