本文へ移動

全日本高校選抜吹奏楽 武生商・武生商工優秀賞

2021年3月29日 05時00分 (3月29日 09時45分更新)
全日本高校選抜吹奏楽大会で優秀賞に輝いた武生商・武生商工=浜松市中区のアクトシティ浜松大ホールで(川戸賢一撮影)

全日本高校選抜吹奏楽大会で優秀賞に輝いた武生商・武生商工=浜松市中区のアクトシティ浜松大ホールで(川戸賢一撮影)


 第三十三回全日本高校選抜吹奏楽大会(中日新聞東海本社特別協力)が二十八日、浜松市中区のアクトシティ浜松であった。北陸代表として出場した武生商・武生商工の合同チーム(越前市)は、優秀賞だった。
 「日本一のファンキーバンド」が売りで、洋楽のヒット曲を中心としたメドレーを披露。音楽に合わせて楽器を左右に揺らすと、観客も手拍子で応えた。審査員は「喜びを持って演奏するというのは音楽にとってとても大切。聞いている方も楽しくなった」と評価した。
 グランプリの浜松市長賞には浜松聖星高校(静岡)が、中日新聞社賞は柏市立柏高校(千葉)が選ばれた。日本高校吹奏楽連盟が選抜した十一校が十七分間で自由に演奏。審査員四人が、技術力や表現力を評価した。 (糸井絢子)

関連キーワード

おすすめ情報