本文へ移動

道枝駿佑「胃がびっくりしてもどしちゃった…」肉体改造で1日5食…古典セリフや殺陣も…苦労重ねロミオ誕生

2021年3月29日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台「ロミオとジュリエット」の取材会で写真撮影に応じるロミオ役を演じる道枝駿佑(右)とジュリエット役の茅島みずき

舞台「ロミオとジュリエット」の取材会で写真撮影に応じるロミオ役を演じる道枝駿佑(右)とジュリエット役の茅島みずき

 アイドルグループ「なにわ男子」の道枝駿佑(18)と女優の茅島みずき(16)が28日、東京・新宿の東京グローブ座で舞台「Romeo and Juliet―ロミオとジュリエット―」のフォトコールと取材会に出席した。
 シェークスピア原作の設定に近い10代のフレッシュなコンビで、主人公ロミオを演じる道枝は舞台単独初主演。ヒロインのジュリエットを演じる茅島も初舞台となる。
 古典独特のセリフに茅島が「言葉の意味が分からなかった」と話すと、道枝も「ふだん使わない言葉だらけ。最初は自分でも何言っているか分からなかった」と戸惑った様子。
 演出家の森新太郎さんは細身の2人と対面して「体の違いに驚きの連続だった」そうで、森さんから筋トレ指令を受けた道枝は「今も続けて体重が2、3キロ増えた」と明かした。先輩の「ジャニーズWEST」の小瀧望(24)からのアドバイスで1日5食にも挑戦したが「胃がびっくりしてもどしちゃった」。森さんの一番厳しかった指導は?との問いには「殺陣のシーンで剣に近づき過ぎて『次に近づいたらブッ殺すからな』と言われた」と答え、数々の苦労を振り返った。
 そんな道枝の演技に茅島は「道枝さんらしいロミオになっている」と絶賛。昨年のドラマ「メンズ校」でも茅島と共演した道枝も「大人っぽくなって雰囲気がガラッと変わった」と茅島の変化を指摘した。公演は29日から4月18日まで同所で。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ