本文へ移動

大関対決で朝乃山に敗れた正代は負け越し 6日目までに4敗「またかど番になってしまったなと」

2021年3月28日 21時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝乃山(左)に上手投げで敗れた正代

朝乃山(左)に上手投げで敗れた正代

◇28日 大相撲春場所千秋楽(両国国技館)
 大関同士の結びの一番は正代が上手投げで朝乃山に敗れ、7勝8敗で負け越した。次の夏場所は初場所以来、自身2度目のかど番となった。「またかど番になってしまったなと。立ち合いがかみ合わなかった。圧力が伝わってなかった」。
 今場所は6日目までに4敗を喫し、中盤で盛り返したものの13日目から3連敗。リズムに乗れないまま終わり「またいろいろ見直して、トレーニングやら稽古やら一からやっていこうと思います。悔しいですけどこれをばねに頑張っていけたら」と奮起を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ