本文へ移動

羽生結弦「アクセルを跳べないと一生満足できない」 金メダルよりも大きな4回転半への思い【フィギュア世界選手権】

2021年3月28日 20時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーで演技する羽生結弦(AP)

フリーで演技する羽生結弦(AP)

◇28日 フィギュアスケート世界選手権(ストックホルム)
 SP1位を守り切れず、総合3位に終わった羽生結弦は一夜明けた28日、オンライン会見に応じ、「アクセルを跳べないと一生満足できない」とクワッドアクセル(4A、4回転半)成功への強い思いをあらためて示した。
 「最終目標はオリンピックの金メダルではなく、あくまでも4回転半を成功させるのが一番の目標」。昨年の全日本選手権後から今大会に向け、「死ぬ気でやってきた」と毎日習得に励んだ。あと8分の1回れば着氷できるレベルにまで達しているという。
 全日本選手権でお披露目したフリー演目の「天と地と」についても「4Aは『天と地と』に入れたい。そのつもりでこのプログラムを作った」と来季も継続する考えを示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ