本文へ移動

愛知で86人感染、豊橋の病院クラスター50人超に

2021年3月28日 19時49分 (3月28日 20時04分更新)
 愛知県は28日、新たに男女86人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち豊橋市が38人で、県内市町村別の一日の新規感染者数で同市が初めて最多となった。
 豊橋市の38人のうち36人は、クラスターが発生している積善病院の入院患者。ほか2人も、既に感染が判明している病院の30代女性職員の家族だった。
 名古屋市では、クラスターが発生している高齢者施設で新たに入所者の80代女性の感染が判明。これで同施設の感染者は計34人となった。

豊橋市の病院クラスター50人超に

 愛知県豊橋市の積善病院で発生したクラスターは28日、新たに入院患者36人の感染が判明したことで計51人となった。内訳は職員15人、入院患者36人。
 病院は職員1人の感染が確認された22日以降、入院患者を含めた濃厚接触者らを調べていた。26日から外来の受け入れを停止している。
 病院によると、院内では感染者と非感染者の病棟を分けるゾーニングを施している。病院の担当者は「保健所の支援を受けながら、これ以上、感染が広がらないように徹底していく」と話した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報