本文へ移動

「泣きながらバナナを食べた」5打差逆転Vの岡山絵里「長かった」3年ぶり2勝目に涙【女子ゴルフ】

2021年3月28日 19時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
通算13アンダーで優勝し、トロフィーを手に笑顔の岡山絵里

通算13アンダーで優勝し、トロフィーを手に笑顔の岡山絵里

◇28日 ゴルフ・アクサレディス最終日(宮崎市・UMKCC)
 渋野日向子(22)=サントリー=は雨で39分間の中断も挟む最終日を4バーディー、1ボギーの69で回り、通算4アンダーの15位でフィニッシュした。29日午後に米ツアーへ向け旅立つ。5打差4位からスタートした岡山絵里(24)=ニトリ=が5バーディー、ノーボギーのベストスコア67をマーク、逆転優勝を飾った。通算13アンダー。18年5月のリゾートトラストレディス以来2年10カ月ぶりのツアー通算2勝目。1打差2位に前日まで首位の河本結(22)=リコー=が入った。
 岡山が出だし連続バーディーからボギーなしでスコアを伸ばし、最終18番で2・5メートルのバーディーパットをねじ込んでフィニッシュ。5打差をひっくり返す大逆転Vだ。
 「ロッカールームでバナナを食べていたら、優勝を知らされた。泣きながら残りのバナナ食べました」と岡山。アマチュア時代から日本代表として活躍し、2018年に初優勝したが「そこからすごく長かった。長かったという涙でした」と約3年ぶりの2勝目を塩バナナ風味で!?味わった。
 昨年11月から師事する南秀樹コーチに感謝。技術とともに心も変化したと語り「試合会場に来ると人が変わって誰とも目を合わせなかった私が、他人としゃべるようになった。せっかちだった性格も穏やかになり、優勝争いになってもバクバクしなくなった」という。大会前には720万円の米国車、シボレー・カマロを購入、自身を鼓舞していたと打ち明けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ