本文へ移動

照ノ富士が4場所ぶり3度目の優勝 直近3場所で36勝 大関再昇進に花を添える

2021年3月28日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
照ノ富士(左)が押し出しで貴景勝を破り、優勝を決める

照ノ富士(左)が押し出しで貴景勝を破り、優勝を決める

◇28日 大相撲春場所千秋楽(両国国技館)
 関脇照ノ富士(29)が4場所ぶり3度目の優勝を飾った。結び前の一番で4敗の大関貴景勝を破り、12勝3敗で優勝した。14日目に優勝争いの単独トップに立ち、千秋楽は敗れれば、碧山、貴景勝とのともえ戦による優勝決定戦になるところだった。
 これで大関昇進の目安とする直近3場所33勝を3勝上回る36勝。再昇進に花を添える優勝となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ