本文へ移動

【楽天】注目のドラフト1位左腕・早川が大物ぶり発揮…6回104球を投げ8奪三振、無失点でプロ初勝利の権利

2021年3月28日 15時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
やっぱり早川は即戦力左腕だ

やっぱり早川は即戦力左腕だ

◇28日 楽天―日本ハム(楽天生命パーク)
 楽天は注目のドラフト1位左腕・早川隆久投手(22)が6イニング無失点の好投で、勝ち投手の権利を得た。初回、先頭の西川を147キロの直球でいきなり空振り三振に斬って取り、2回も中田から空振り三振を奪うなど2イニング連続で三者凡退に仕留め、上々の立ち上がりを見せた。
 しかし、4回には一塁手の失策を皮切りに、連打を浴びて無死満塁のピンチ。それでも特に表情を変えずに変化球を決め球にして野村、大田を連続空振り三振。続く樋口にもこの日、調子の良かったチェンジアップで三ゴロに仕留め、ピンチを脱出した。6回も1死満塁とピンチを招いたが樋口を落ち着いて併殺打。この日はこれで降板し、6イニングで104球を投げ被安打4、8奪三振、無失点。新人らしからぬ冷静さと大物ぶりを見せつけた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ