本文へ移動

【DeNA】牧秀悟がプロ初タイムリーで初打点 巨人・今村から左翼線二塁打

2021年3月28日 14時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表1死三塁、牧が左翼線に先制適時打を放つ

1回表1死三塁、牧が左翼線に先制適時打を放つ

◇巨人―DeNA(28日・東京ドーム)
 開幕から3番に座るDeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)が初対戦の巨人の先発左腕・今村からうれしいプロ初適時打。プロ初打点をマークした。1回1死三塁の先制機に左翼線を破る二塁打。長打もプロ初となり、声を弾ませた。
「良いイメージで打てました。先制することができてよかったです」。
 27日に9打席目にプロ初安打をマーク。「どんどん振っていく気持ちは変えず、試合に臨みたいと思います」と話していたが、言葉通りのスイングだった。
 開幕戦、2戦目と巨人に先制され敗戦した三浦監督は試合前「9イニング(打ち切り)になって先制がよりいっそう大事になる」と話していたが初めて先手が打て目尻を下げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ