本文へ移動

「あの球の球種は何なのか!?」沢村拓一の高速スプリットに解説者は驚きを隠せず【MLB】

2021年3月28日 14時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢村拓一(AP)

沢村拓一(AP)

 レッドソックスの沢村拓一投手(32)は27日、パイレーツとのオープン戦に登板。メジャー初の連投で1イニングを無安打無失点に抑え、今春3ホールド目を挙げた。中継局AT&Tスポーツネットワークはパイレーツ専門局。元ユーティリティーのパイレーツOB、ジョン・ウエイナー解説者は沢村を目にするのは初めてで、高速スプリットに驚きを隠さなかった。
 「あの球の球種が何なのか、さっきから見ているんだが、変化が鋭いな。スプリットか。だが、94マイル(約151キロ)のスプリットなんて投げられるのか?」。さらに、「いったい何が起きているんだ。だが、いずれにしても、何球か打者の手元で消える球を投げていたぞ」と興奮した。
 地元紙ザ・リパブリカンは「沢村はキャンプ序盤こそ制球に苦しんだが、最近は落ち着いてきている。これで直近の3試合は計3イニング3分の1を無失点だ」と高評価。さらに「結果はポジティブなものだが、シーズンが始まれば、沢村はもっとやれるとレッドソックスは信じている。バーンズ(コロナ陽性)とブレイシア(右手小指骨折)の離脱で、沢村はチームのブルペン陣でさらに大きな存在となった」と、高まる期待を報じた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ